介護ソフト 料金比較

介護ソフトを選ぶ時に悩むのは
「介護ソフトはどれがいいのかわからない」
「料金と操作生徒のバランスは?」
「本当に必要な機能とは?」
と不安なことばかりが頭をよぎります。
せっかく介護ソフトを導入しても、職員が使ってくれなかたっら結局は宝の持ち腐れで無駄な投資になってしまいます。

介護ソフトは料金比較より記録しやすさも重要!ヘルパーや職員が使いこなせるのがおすすめ

介護ソフト 職員 スタッフ

「あの介護事業所も使っているから」
そういう感じで介護ソフトを選んでは失敗する可能性が高いです。
なぜなら、介護事業所の業務内容もサービスを提供する人数などの規模も介護事業所ごとに大きく異なるからです。

良くも悪くも介護ソフトは多機能であればあるほど使い勝手が難しくなる

「なんでもできる介護ソフトがいい」
というのは大きな間違いかもしれません。
なぜなら、ほとんどの介護事業所は介護ソフトのごく一部分しか使いこなせていないからです。

介護記録の使いやすいさを重視するか?
介護報酬請求の機能を優先するのか?
それによっても介護ソフトの選び方は大きく変わってきます。

その介護ソフト、一番使うのは職員さんでは?

その介護ソフトを一番使うのは誰でしょうか?
居宅療養管理指導であればケアマネなどが使いこなせればそれで十分かもしれません。
でも、現実はそうではないですよね。
居宅介護支援
訪問看護
通所介護
訪問介護
通所リハビリテーション
福祉用具貸与/販売
訪問入浴
訪問リハビリ

そんな場合はヘルパーや介護スタッフも使いこなせないといけないのです。
またそこで重要視される機能も異なるのです。
たとえば、介護事業所の業務によっては、持ち運びのタブレットが必ずしも必要じゃないこともあります。
介護事業所のサービオス種別により介護ソフトに求める機能はそれぞれ異なります。

高機能・多機能の介護ソフトは高いし、使いこなせないし、必要ない機能も多い

あなたの介護事業所にぴったりの介護ソフトは、かならずしもまわりの他の介護事業所が使っている介護ソフトとは限りません。

高機能で多機能な介護ソフトもたくさんあります。
でも、
そんな高機能な介護ソフトを使いこなせるでしょうか?
たかが介護ソフトにそこまでの多機能を求めるのはナンセンスではないでしょうか?
もちろん、そんな高機能・多機能な介護ソフトほど料金は他kぁ苦設定されています。

その介護ソフトは職員やヘルパーさんが使いこなせますかね?

ちょっと調べただけでも介護ソフトってたくさんあります。
「どれが使いやすいのかなぁ・・・」
と迷ってしまうのも仕方ありません。
ほんの少しだけ紹介しておきます。




でも、実際にこれだけで使いやすいものかどうか?
さっぱりわかりませんよね・・

介護ソフトの選び方は料金比較にこだわらずに、できるだけたくさんのソフトの中から選ぶべし

介護ソフト 比較

介護ソフトの選び方はたくさんモノのの中から選ぶべし!
そういわれてもいちいち片っ端から介護ソフト会社に問い合わせるのも大変ですよね。

そこでおすすめは「介護ソフトナビ」さんです。
介護ソフトナビさんでは
介護事業所のサービスごとに
介護事業所の求める機能を満たした
ぴったりの介護ソフトが探せます。



まずは、その中ら目星を付けた介護ソフトを無料体験や無料体験版をダウンロートして実際に目で見て触ってみましょう。
もちろん、その時には他の介護職員にも意見を聞くべきです。

たとえば介護ソフトナビの画面にまずこんな感じの入力画面が現れます。


これだけでもグッと介護ソフトを絞り込んで探すことができます。

いくら「介護ソフトはたくさんのモノの中から選ぶべき」とはいっても片っ端から調べるなんて効率が悪すぎます。
ですから介護事業所の業種や規模によってグッと絞り込んでその中からじっくり選ぶんべきです。


介護ソフトの導入を考えているなら、一度「介護ソフトナビ」のホームページもチェックしておいいてください。

\職員・ヘルパーも簡単に使える介護ソフトはどれ?/
介護ソフトナビ 公式サイトをチェックする